人手不足の企業にうってつけ|秘書代行で変わる業務スタイル

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの業界で使用されている

歩く人々

業界によってビジネススタイルは違いますが、多くの企業が未だにタイムカードで社員の勤怠を管理しています。タイムカードでは、社員の出勤時間を計算するのに、多くの時間の使ってしまいます。さらに打刻する機械は壊れやすいために、時間通りに出勤しても打刻できないケースもあります。コレがトラブルの原因になりますので、トラブルを回避して、時間と手間を省くためにも、クラウド型の勤怠管理システムを導入してください。

クラウド型の勤怠管理システムは、どんな業界や業種でも、ビジネススタイルや社員の働き方に合わせて機能を追加することができます。主に一般企業の場合は、社員が多い企業ほど集計業務が大変でした。毎月給料日前になると、残業して集計作業をする社員もいましたが、クラウド型勤怠管理システムを導入すると、すべての社員の勤怠状況を瞬時に集計してくれるので残業する事もなくなります。給与計算ソフトと連動させることも可能ですので、社員の給与計算も楽になるでしょう。

そして、24時間営業の飲食店では、毎月にシフトを組む作業も大変でした。休みの希望や残業時間を計算したり、週末や夕食時などの来客が多い時間帯は従業員を多くしたりと、細かな調整をしなくてはいけませんでした。ですが飲食店でもクラウド型の勤怠管理システムを導入するだけで、簡単に1ヶ月分のシフトを作成してくれます。オーナーはシフト作成で長時間頭を悩ますこともなくなります。